トータルリラクゼーション&プライベートサロン Meguri~めぐり~

新着情報

2016.12.07 冬の乾燥撃退④番外編
こんにちは!
 
前回までは内側からの乾燥対策でしたが、
今回はスキンケア以外で防ぐ方法をご紹介致します(^^)
 
 
◯十分な睡眠を取る
肌荒れ予防の為に、寝始め3時間に
質の良い睡眠を取ることが大切です。
 
寝始め3時間に最も多くの成長ホルモンが分泌され、
ダメージを受けた細胞を修復して代謝を促します。
質の良い睡眠を取る方法は
以前の記事に載せているので、チェックしてみて下さい☆
 
 
◯タバコを控える
タバコを吸うことで、血行が悪くなり乾燥肌の原因にもなります。
急にやめるのはとても難しいことかと思います。
徐々に頻度や本数を減らすなど意識してみてください(^o^)
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
今からの時期、
気になる乾燥は色々な原因からやってきます。
 
乾燥に負けず、この冬も乗り切りましょう!!!
2016.12.05 冬の乾燥撃退は内側から③
こんにちは!
 
前回に引き続き、
乾燥を撃退するための食材をご紹介致します。
 
今回はあまりオススメしない食材についてです!
 
 
◯コーヒー
コーヒーに多く含まれるカフェインには
血管を収縮させる働きや、身体を冷やす働きがあります。
この働きによって代謝が悪くなり、乾燥肌に繋がります。
 
カフェインは、コーヒーだけでなくココア・チョコレートや
緑茶・紅茶などにも含まれています。
 
飲み過ぎには注意しましょう!
 
 
◯ファーストフード・スナック菓子など
塩分・脂肪分が多いファーストフードやスナック菓子を
過剰に摂りすぎると、身体の代謝が悪くなります。
 
頻繁に食べる方も多いと思いますが、食べ過ぎないようにしましょう。
 
 
◯冷たい飲み物・アイスクリームなど
身体を冷やす食べ物・飲み物をたくさん摂ると、
身体の血行・代謝が悪くなり、
乾燥肌がひどくなってしまう場合があります。
 
 
◯甘いお菓子・ケーキ、清涼飲料水など
甘いお菓子・ケーキや清涼飲料水など、
糖分が多いものを摂りすぎると、体内の環境が悪化しやすくなります。
 
特に、清涼飲料水などの甘い飲み物は
たくさん飲んでしまいがちですが、
飲み物からの糖分摂取にも気をつけましょう!
 
 
以外にも身体の代謝とお肌の代謝は
密接な関係だったんですね(*´∀`*)
 
今から特に寒くなってきます。
体調管理と共に、お肌の管理もしっかり行いましょう☆
2016.12.04 冬の乾燥撃退は内側から②
こんにちは!
今日は生憎の雨模様・・・
そんな中でもスタッフは明るく元気に営業中です☆
 
さて前回ご紹介致しました、
乾燥を内側から摂取することについて。
 
今日は前回の成分が豊富に含まれている
食べ物についてご紹介致します!
 
まずは、
◯卵
卵はとても栄養素が豊富な食べ物で、
たんぱく質・ビタミンAが含まれています。
 
また卵に含まれるビオチンは、皮膚科の薬にも
用いられている栄養素です。
このビチオンにも、皮膚を健康的に保つ働きがあります。
 
 
◯納豆
納豆にはたんぱく質、ビタミンEなど豊富な栄養素が含まれています。
 
さらに、納豆に含まれるポリアミンという成分は
代謝を活発にすると言われ、肌の調子を整えてくれます。
 
 
◯アボカド
「森のバター」「食べる美容液」などと呼ばれている
アボカド、栄養価の高い果物として人気です。
 
ビタミンE、Bカロテン、ビタミンCなどが含まれています。
アボカドはカロリーが高くボリュームもあるので、
食べ過ぎると胃もたれしてしまうことがあります。
 
 
 
◯パプリカ(赤・黃・オレンジ)
パプリカは普通のピーマンとくらべて、ビタミンCがとても多く含まれています。
 
ビタミンC以外にも、BカロテンやビタミンEなど
乾燥肌にビタミンが豊富です!
この中で特に多いのはオレンジパプリカです!
 
 
◯いわし
イワシにはたんぱく質、ビタミンA、DHA・EPAなどが豊富に含まれています。
イワシ以外にも、アジや鯖・マグロなどの赤身などもたんぱく質が豊富です。
 
 
◯はちみつ
はちみつには、
ビタミンCやたんぱく質、
代謝をよくするビタミンBなど含まれています。
 
また、はちみつに含まれるグルコンという成分には
乳酸菌・善玉菌を整える働きがあります。
 
自然な甘みで砂糖よりも低カロリーなので、
料理や飲みものに甘みを加えたいときにオススメです(*´∀`*)
 
是非お試し下さいませ♪
2016.12.03 冬の乾燥撃退は内側から①
こんにちは!
 
最近、寒くなって暖房をつけた部屋にいると、
乾燥が気になる方が多いのではないでしょうか?
 
外側からのスキンケアは一生懸命頑張っているのに
なかなか治らない!という方は
食生活を見直してみてはいかがでしょうか?

今日はそんな乾燥対策について
いくつか分けてご紹介致しますね♪
 
スキンケアに目を向けがちですが、
実は内側からも大きく影響しているんです!
 
 
偏った食事を続けて栄養が不足すると、
身体にこのようなことが起こることがあります。
 
・代謝が悪化する
・体内の環境が悪化する
 
代謝が悪化すると、
肌表面を守る皮脂の量が減ってしまう為、
乾燥しやい状態になります。
 
 
また、体内の環境が悪化すると体内が汚れやすくなり、
その汚れを綺麗にするために
悪いものを肌から外に出そうとします。
 
その汚れや悪いものが肌表面に表れて、
肌の乾燥や肌荒れなどが起こりやすくなることがあるのです。
 

そんな乾燥肌の方にオススメしたい成分はこちら!

・ビタミンA/B-カロテン
(体内で変換されてビタミンAと同じ働きをします)
→皮膚の潤いを保って乾燥を防ぐ。肌を健康に保つ。

・ビタミンC
→皮膚・血行を強くし、肌にハリを持たせる。

・ビタミンE
→血行を良くする。

・たんぱく質
→皮膚のバリア機能を守り、健康的な肌を保つ。


ではこの成分が含まれている食材は何があるのでしょうか?
 
次回は摂取したい食材、オススメしない食材
についてご紹介致します(*´∀`*)
2016.12.02 冬に眠たくなる理由
こんにちは。
 
今日も一段と寒くなっていますね><
 
寒くなると朝が辛い!
と思われる方が多いのではないでしょうか?
寒くてお布団から出たくないですよね・・・
 
 
なぜ冬に眠たくなるのか。
それは、
睡眠の質が低下しているサインかもしれません。

 
日照時間が短くなる冬は、
睡眠物質であるメラトニンの分泌が少なくなるので
睡眠の質が下がりやすくなるそうです。
 
 
睡眠の質を上げるには
しっかり身体を温めるのが良いと言われています!
 
寝る前1~2時間前にぬるめのお湯に浸かると
身体の深部体温が高まり、
寝る前には下がってきて眠りにつきやすくなります。
 
また、布団を温める場合は、
使い始めは温かく少しづつ温度が下がる
「湯たんぽ」がオススメ\(^o^)/
 
 
冬の快眠には室温が18~23度、湿度が50~60%が
最適だと言われています。
しかし部屋を温める際、エアコンを使いすぎると
湿度が下がり乾燥しやすくなるので注意が必要です。
 
質の良い睡眠をとって、今月も乗り越えましょう!!!